HOME>注目記事>物流倉庫に品物を保管【保管するものが多い企業に注目のサービス】

物流倉庫に品物を保管【保管するものが多い企業に注目のサービス】

倉庫

物流倉庫とは

物流倉庫とは、ただ品物を預けておくという機能だけでなく、発送代行も行なう施設のことを言います。レンタル倉庫は施設全体の管理や出庫の確認等の業務のみを行なう施設に対して、物流倉庫は検品や流通加工まで対応しています。物流倉庫によっても違いがありますが、入庫、棚入れ、保管、出庫準備、流通加工、出庫と様々なサービスを提供しています。沢山の品物を預けておくイメージがありますが、最近では少量の品物でも預けることができる物流倉庫もあります。物流倉庫を使うことによって、倉庫費や人件費の削減になったり、業務効率が上がったり、受注から発送までのスピードも上げることができます。

物流倉庫を選ぶには

物流倉庫を選ぶ時に重要視してほしいのはまず、立地です。物流ルートとの接続が良くなければ、いくら効率化を目指して物流倉庫を利用しても効果的に利用することができません。次に見るポイントは物流倉庫会社のサービスについてです。物流倉庫会社によってどこまでを提出しているかには違いがあります。ですので、自社がどこまでを担当してほしいかを見極めて物流倉庫を選びましょう。必須の条件になるもう一つの要素としてコストがあります。長期間の契約になればその分のコストが発生します。便利だからと言って高額な物流倉庫を利用してしまうと結果として利益が少なくなってしまいます。よく検討して物流倉庫を選びましょう。また、保管したいものによって物流倉庫を選ぶ基準は変わります。保管したい品物に合った物流倉庫を見つけてください。例えば大型の機械類の場合は、大きな倉庫がおすすめです。衣類の場合は防虫対策をしっかりしているか、食品の場合は倉庫内の温度が重要になってきますよ。

広告募集中